2008年01月31日

死の連鎖…。

暗い話題ばかりで御免なさい。

本日、ゴールデンハムスターのヨミが他界しました。
初登場!! 】にて御紹介した仔です。
2006年03月04日生まれ、1歳と11ヶ月弱でした。

パンダ、ビビ、ロボ、リュン、ポチ、ヨミ、沢山の思い出を一杯くれて………本当に○○○○!!

ブログ復帰には、もう少し時間を下さいませ。
BY:黒猫 AT:18:55 | COMMENT [14] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2007年07月23日

癌研究モデル。

リュンの病理組織検査結果が出たので、ブログ更新を再スタートしたい、と思います!!

死因は、炎症性の腹腔内腫瘍でした。
パンダの元へ…。 】でも書きましたが、腫瘍には目に見える腫瘍と、目に見えない腫瘍が有ります。
通院&手術。 】で目に見える腫瘍は取り除けたのに、今回は目に見えない腫瘍………。

10代の頃に飼っていた、ジャンガリアンハムスターのラムネ、上杉、椎名も腫瘍で亡くしました。
そして、ゴールデンハムスターのパンダ、ビビ、リュンも腫瘍で亡くしました。
腫瘍の元に成る種子系の餌(向日葵の種,麻の実,ピーナッツ等)を与えていなくても、本当に腫瘍が出来易い動物なんですよ、ハムスターは。

でも、君達と一緒に過ごせた日々は、キラキラ輝く思い出の宝石だよ。
素敵なプレゼントを○○○!!
BY:黒猫 AT:20:56 | COMMENT [0] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2007年07月16日

永遠を君達に…。

2007年05月13日、ロボが天国へ旅立ちました。
2005年11月10日生まれ、1歳と6ヶ月。

ホルモンバランス崩れ精巣炎に成り、2ヶ月間も病魔と闘ってくれました。
しかし、負担が掛かり過ぎてしまった所為で多臓器不全に………。

2007年07月13日、リュンが天国へ旅立ちました。
2006年02月16日生まれ、1年と5ヶ月。

腹部に水と血液、膿みが混ざった液体が溜まってしまいました。
死因は不明なので、病理組織検査結果待ち状態…。

  

上の画像は、リュンが元気だった頃の姿です。

ロボとリュンは、本当に掛け替えの無い特別な存在でした。
可愛くって、愛らしくって、愛しくって、動き回る宝物でした。

大切で、本当に大切で、絶対に失いたく無かった。
…でも、失ってしまった。
現実は、冷酷で、残酷で、過酷です………が、選択したのは私自身。

現在、家に居る仔達(ゴールデンハムスター,フクロモモンガ,ジャワスローロリス)は………皆んな、私よりも早く逝ってしまう事でしょう。
でも、其れは………お迎えする前から判っていた事。
いつか必ず別れが来る、判っていても一緒の時間を共有したい。

人間が動物を飼う行為は、人間のエゴだ、と思っています。
エゴだからこそ、一緒に暮らしている間は、命一杯の倖わせを感じて欲しい。

パンダ、ビビ、ロボ、リュン、君達は倖わせだった…??
イブ、アダム、ポチ、ヨミ、ポロリ(お迎え順)、君達は倖わせ…??
天国へ旅立った仔達の分迄、もぉぉぉっと倖わせにするから、だから………長く生きて。

ロボ、リュン、君達の事は絶対に忘れ無い、沢山の思い出を○○○ね。
大好きだよ…。
BY:黒猫 AT:01:39 | COMMENT [7] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2007年03月28日

1段落…??

昨日、ポチの再検査&リュンの抜糸の為、病院へ行って参りました。


画像では初めまして、ブラック・ドミナントスポット、中毛のポチ(♀)です☆

ポチ:「黒猫ちゃんってば、レディーの初お披露目にこんな写真を選ぶなんてデリカシーに欠けてるぅ;;」

御免ねぇ………でも、画像を載せないと説明し辛いからさぁ、許してね??、とポチには云い訊かせましたww
お尻辺りに禿げが出来、皮膚が見えてしまっています。
綺麗に生え揃う迄は、どの位の期間が掛かるのかなぁ…??

でも、再検査の結果では、取り敢えずニキビダニの増殖を抑えられた様子☆
是れからは、以前よりも気を配った食事を用意してあげなきゃ。
免疫力を高めるには、何て云ったってバランスの良いフード、新鮮な野菜&果物ですよね!!

  

一方、リュンの手術痕は、綺麗に治って来ています☆
上の画像では、殆ど判ら無い位ですよね??

そして、病理組織検査結果は黒色種でした。
黒色種とは、メラニン色素を生成する細胞が急激に増えて集まった良性腫瘍(ホクロ)なのですが、ハムスターの場合は悪性腫瘍(メラノーマ)の場合が多く、再発や転移の可能性も………有るそうです。

悲しいけれど、是れが現実………。
でも、リュンは絶対に寿命を全うします、私が支えに成ります。
身体の異変には早期発見するから…頑張ろうね、リュン!!
BY:黒猫 AT:02:46 | COMMENT [6] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2007年03月20日

通院&手術。

ブログでは伏せていましたが(ビビの1件【 パンダの元へ…。 】から立ち直って無い所為も有り)、今月はゴールデンハムスター全員を病院へ連れて行き、ポチ(♀)とリュン(♂)は現在も通院中だったりしています。

月の頭頃、未だ御紹介していないポチの脱毛を発見…!!
原因は、免疫力の低下に因る、ニキビダニの増殖でした。

ニキビダニは殆どのハムスターに寄生していて、人間にも4/5人位の確率で寄生しているらしいです。
自分の顔や体にも!?、と考えると、可成り気持ち悪い感じ………;;
虫嫌いな私には、何とも耐えられ無い事実ですが、ダニは部屋中の何処にでも居ますしねぇ。

治療は、駆虫薬を09日と15日、2回に分けて飲ませて貰いました。
自宅では、処方して貰ったビタミン・シロップ(A,D3,E配合)を服用させ、沢山の野菜を与えて療養中。

09日の夜中【 秘蔵っ仔☆ 】の記事で御紹介したリュンの首寄りの背中に小さな腫瘍が………。
ポチに続いてリュン迄も………神様、残酷過ぎるよぉ;;

12日、先ずはリュンの腫瘍の様子を診て貰い、手術の日取りを決めて帰宅。
そして、本日が腫瘍の切除日でした!!
麻酔に対するアレルギーも無く、手術は無事に成功です☆

  

上の画像は、手術後でお疲れのリュン、2針縫われています。
1週間後位には、腫瘍が良性か悪性か判ります………どうか、良性で有ります様に!!
悪性の場合は、再発や転移の可能性も有るし、再手術なんてさせたく無い………。

又、リュンの病理組織検査結果が出る頃、ポチのニキビダニが駆虫されているかも判ります。
もしも、神様が与えた試練なら、駆虫薬を上手に飲んだポチ、麻酔や手術に耐えたリュンに御褒美を下さい、お願いします!!
2匹共、凄く凄ぉく頑張ったんだから………ヤバイ、泣きそう。

12日に連れて行ったロボ(♂:【 古株君☆ 】)、15日に連れて行ったヨミ(♀:【 初登場!! 】)に、異常が無かった事は倖いでした☆
闘魂さん&アッコさん宅の仔達は、丈夫で元気な仔に育ってます、安心して下さいねぇ。
BY:黒猫 AT:23:58 | COMMENT [4] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2006年12月08日

パンダの元へ…。

未だ、御紹介していなかったビビ(♀)が昨日の夕方………天国へと旅立ちました。
2005年11月30日生まれ、先月で1歳を迎えたばかりの仔でした。

体内に出来ていた腫瘍が破裂、破れた腫瘍から大量の血が肺を圧迫…そして、呼吸困難。
是れが、直接的な死因でした。
呼吸が荒かったもんね、苦しかったよね………御免ね、ビビ。

腫瘍には目に見える腫瘍と、目に見えない腫瘍が有ります。
今回の様に、目に見えない腫瘍を見付ける為には、病院でレントゲンを撮って貰わなくてはいけません。
でも、早期発見をする為に定期健診に行く事は、多くのストレスを与える事に成り………死にも繋がり兼ねません。

自分的には、永遠のテーマに成りそうです。
どんなに日頃から気を付けていても、体内の異常に気付く事は難しい。
だからと云って、ストレスの元と成る行動は避けたい。

1番の打開策は、動物達の声や気持ちが判る様な、特殊能力を持つ事でしょうか??
其れにも可成りの無理が有りますよね。

ペットの飼育は楽しい反面、いつか必ず悲しい別れが待っています。
其の度に、涙を流し………残った仔達の為にも知識を深め、強く有らねば!!、と思念します。

  左の画像は、家に来たばかりのビビ。
  2005年12月25日、去年のクリスマスに撮影した物です。

  チビビ(チビ&ビビ)は、どんなに眠くても食い気が先!!
  そして、ケージ破壊、脱走の常習犯;;

  手間の掛かる………本当に可愛い仔でした。

  デビ(デブ&ビビ)なんて呼んでた時期も有ったなぁ。
  最近では、24の登場人物に因んだあだ名で呼んでました。
  パーマー大統領、デイビッド等、笑っちゃ駄目ですよ??

  ラヴラヴだったパンダとお倖わせにね…☆

今夜は眠れそうに無いので、ビビと最後の夜を過ごします。
BY:黒猫 AT:05:59 | COMMENT [9] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2006年11月29日

古株君☆

我が家で1番の古株は、ゴールデンハムスターのロボ(♂)です。

  

毛色はアンブロウズ・シルバー、毛種は長毛&サテンの仔。
名前の由来は、ロボロフスキーの様に兄弟の中でも特別小さい仔だったから…って、可成り安直ですww

アダムに負けず劣らずのベビー・フェイスの可愛仔ちゃんなんですよ☆
頬のプクッ、とした顔立ちと、綺麗に伸びた艶やかな毛並みがチャーム・ポイント。
否、真ん丸なお目々とモヒカン・ヘアーも捨て難い…!!

人懐っこく、温和で、食べちゃいたい位にキュートな良い仔です☆

  左の画像は、家に来たばかりのロボ。
  2005年12月16日に撮った物なので、約1年前に成ります。

  回し車が大好きで、寝床も回し車の下でした。
  …今も、回し車の後ろで寝てるので変わってませんねww

  其れにしても、可愛い寝顔だわぁ☆

  本当に食べちゃおうかしら…??ww
  目に入れても痛く無い、此の事を云うんだろうなぁ。

  ロボを譲って下さった闘魂さんも見てるかな…??
  相変わらず小柄ですが、毎日元気に暮らしてますよぉ☆
BY:黒猫 AT:20:34 | COMMENT [7] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2006年10月10日

秘蔵っ仔☆

今日は、祖母(母方)の誕生日☆
お婆ちゃんっ子の私は、母と祖母をお祝いする為、お食事に行って来ました。

向かうは、又してもラゾーナ(LAZONA)!!
そして、どうしても足を運んでしまうペット・コーナー…ww

前回は、寝ていたフェレット達が起きていたので、画像を撮らせて貰いました☆

  

左の画像の仔がブラックセーブル、右の画像の仔がバタースコッチ………かな??
フェレットの毛色には詳しく無いので、間違っていたら御免なさい;;

そして、オウムとゴールデンハムスターも御紹介☆

  

左の画像は、アオメキバタンです。
鳥菌防止の為、私は触ったりしませんでしたが、人馴れした性格美人な仔でした。

そして、右の画像のゴールデンハムスター…とぉぉぉっても可愛いぃ。
毛色はライラック・チョコレート、毛種は長毛&サテンの珍しい仔なんです!!
性格は、大人しい仔で、兎に角キュートなベビー・フェイス☆

そろそろ、勘付かれた方も居らっしゃるかな…??

此の仔は、家で飼っている秘蔵っ仔のリュン(♂)です。
余り良い画像が撮れないので、違う生き物達に紛れ込ませてみました…ww
ベスト・ショットが撮れた時には、改めて御紹介させて頂きますね。

今日は、ラゾーナ内を沢山歩いたので草臥れました………。
でも、ポロリのミルク・タイム迄は起きてなきゃ!!、と睡魔と戦闘中。
必ずや、愛の力で勝利してみせます!!ww
BY:黒猫 AT:21:00 | COMMENT [4] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2006年10月05日

初登場!!

ポロリ、フクロモモンガ・ファミリーの事が落ち着いたので、今日はゴールデンハムスターを御紹介したい、と思います。

現在、我が家に居るハムスターは5匹。
1番手に御紹介させて頂く仔は、セーブル・サテン(毛色&毛種)のヨミ(♀)です。


此方の可愛仔ちゃんがヨミですよぉ☆

ハムスターの中では、1番の新入りなのですが、一緒に暮らし始めて早6ヶ月…半年に成ります。
時の流れって、本当に早い物ですねぇ。
もっと、長い時間を共有していた様に錯覚してしまいます。

実は、アナフィラキシー・ショックにさせられた、最初の仔がヨミ。
蕁麻疹のみ(小1時間程度)の軽症状で済んだので、今では………ほろ苦い笑い話ですww
非道い人は、動悸、息切れ、目眩、呼吸困難、意識不明の重症状が起こります。

アナフィラキシー・ショックは、ハムスターに噛まれただけに限った症状では無いので、生き物達と触れ合う時には、皆様もお気を付け下さいね。

ヨミに噛まれてしまったのは、お迎えした初日の1回のみ。
現在は、良く寝て、良く食べて、愛嬌タップリの可愛い&良い仔ちゃんです☆
可成りの巣作り名人なので、他の仔達にも見習わせたい!!ww

残りの仔達も、徐々に御紹介させて頂く予定です。
BY:黒猫 AT:21:42 | COMMENT [7] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。