2007年07月29日

緊急告知!!!!!!

実は、27日の金曜日に素敵な出逢いが有りました☆
可っ成りメンコイ仔です!!

さてさて、スローロリスなのか、フクロモモンガなのか、ゴールデンハムスターなのか、他の動物なのか、どんな種類の仔なのか気に成りません!?
別に何でも良い、とか悲しい事は云わ無いで下さいねぇ…??

御紹介は、もう暫らくお待ち下さいませ☆
勿体付けている訳じゃ無いんですけど、余り良い画像が撮れ無いんですよぉ;;

新しいカメラが欲しい!!
BY:黒猫 AT:17:38 | COMMENT [10] | TRACK BACK [0] | 黒猫雑記

2007年07月24日

新、実家の仔猫。

1週間前の17日、母が全猫種で最小サイズのシンガプーラをお迎えしました☆
シンガプーラの詳細は、【 ニャンダフル 世界の猫図鑑 】でチェックしてみて下さいねぇ。

ブリーダーさん宅で2007年06月10日に生まれたので、生後4週間強(現在は、生後5週間強に成りました。)の超ミラスル・スーパー・ミニマムな仔猫!!
初めて猫を飼う方には、余りお薦め出来無い大きさです。

私は、生まれてから実家を出る迄、猫に埋もれて生活して来ました………が、血統書付きっ仔のお迎えは初!!
ジャワスローロリスのポロリよりも値段が高い猫がいるんですねぇ、驚きですよ。

ではでは、新入りのマロン(♂)を御紹介させて頂きます!!

  

可愛い………のでしょうか??
目と耳が離れてて、手足が細くて、頭が大っきくて、何だか宇宙人みたいですww
今後、どんな風に成長して行くのかなぁ??♪
BY:黒猫 AT:22:28 | COMMENT [7] | TRACK BACK [0] | キャット

2007年07月23日

癌研究モデル。

リュンの病理組織検査結果が出たので、ブログ更新を再スタートしたい、と思います!!

死因は、炎症性の腹腔内腫瘍でした。
パンダの元へ…。 】でも書きましたが、腫瘍には目に見える腫瘍と、目に見えない腫瘍が有ります。
通院&手術。 】で目に見える腫瘍は取り除けたのに、今回は目に見えない腫瘍………。

10代の頃に飼っていた、ジャンガリアンハムスターのラムネ、上杉、椎名も腫瘍で亡くしました。
そして、ゴールデンハムスターのパンダ、ビビ、リュンも腫瘍で亡くしました。
腫瘍の元に成る種子系の餌(向日葵の種,麻の実,ピーナッツ等)を与えていなくても、本当に腫瘍が出来易い動物なんですよ、ハムスターは。

でも、君達と一緒に過ごせた日々は、キラキラ輝く思い出の宝石だよ。
素敵なプレゼントを○○○!!
BY:黒猫 AT:20:56 | COMMENT [0] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2007年07月16日

永遠を君達に…。

2007年05月13日、ロボが天国へ旅立ちました。
2005年11月10日生まれ、1歳と6ヶ月。

ホルモンバランス崩れ精巣炎に成り、2ヶ月間も病魔と闘ってくれました。
しかし、負担が掛かり過ぎてしまった所為で多臓器不全に………。

2007年07月13日、リュンが天国へ旅立ちました。
2006年02月16日生まれ、1年と5ヶ月。

腹部に水と血液、膿みが混ざった液体が溜まってしまいました。
死因は不明なので、病理組織検査結果待ち状態…。

  

上の画像は、リュンが元気だった頃の姿です。

ロボとリュンは、本当に掛け替えの無い特別な存在でした。
可愛くって、愛らしくって、愛しくって、動き回る宝物でした。

大切で、本当に大切で、絶対に失いたく無かった。
…でも、失ってしまった。
現実は、冷酷で、残酷で、過酷です………が、選択したのは私自身。

現在、家に居る仔達(ゴールデンハムスター,フクロモモンガ,ジャワスローロリス)は………皆んな、私よりも早く逝ってしまう事でしょう。
でも、其れは………お迎えする前から判っていた事。
いつか必ず別れが来る、判っていても一緒の時間を共有したい。

人間が動物を飼う行為は、人間のエゴだ、と思っています。
エゴだからこそ、一緒に暮らしている間は、命一杯の倖わせを感じて欲しい。

パンダ、ビビ、ロボ、リュン、君達は倖わせだった…??
イブ、アダム、ポチ、ヨミ、ポロリ(お迎え順)、君達は倖わせ…??
天国へ旅立った仔達の分迄、もぉぉぉっと倖わせにするから、だから………長く生きて。

ロボ、リュン、君達の事は絶対に忘れ無い、沢山の思い出を○○○ね。
大好きだよ…。
BY:黒猫 AT:01:39 | COMMENT [7] | TRACK BACK [0] | ゴールデンハムスター

2007年07月10日

甘えん坊将軍ww

図体は大きく成っても、中身は未だ未だ赤ちゃんなポロリ☆
ケージから出すと、手や腕から引っ付いて離れません………スッポンか、君は!?ww

  

右の画像なんて、余りにも握って離さ無いから、指先が真っ赤に成っちゃいましたよ;;

スローロリスって、全部の四肢が何かを掴んで無いと落ち着か無いのかなぁ??
床に下ろしてみると、下ろされた場所で固まっちゃうんですよねぇ。
困ってる姿も可愛いけど、直ぐに可哀想に成って手を差し伸べてしまうww

過保護に育て過ぎたかしら…??
性格も可成りの小心者&臆病者で、知らない部屋に連れて行ったり、電話の着信音が鳴ったりすると…洋服の中に入れてぇぇぇ!!、とパニックを起します。
でも、温和で抱っこ好きな可愛い仔に育ってくれたので、其れは其れで良っかぁ、って感じですけどねぇ☆

06日 体重:1205g 昼:--cc 10g(M.F.) 夜:47cc
07日 体重:1212g 昼:--cc 22g(M.F.) 夜:47cc
08日 体重:1221g 昼:--cc 夜:50cc
09日 体重:1228g 昼:--cc 18g(M.F.) 夜:47cc 15g(バナナ)
10日 体重:1236g 昼:--cc 22g(M.F.) 夜:47cc
BY:黒猫 AT:21:00 | COMMENT [12] | TRACK BACK [0] | ジャワスローロリス

2007年07月05日

入物と出物。

天才!志村どうぶつ園 】で【 玄関開けたらスローロリス編 】が放送されて以来、様々なお問い合わせが寄せられました!!
テレビの影響力って凄いなぁ………。

餌に付いての御質問が多かったので、少しだけ書かせて頂きますねぇ。

私の場合は、実績&経験が有るブリーダーさん流の育て方を真似て、後はポロリの様子を見ながら…、と云った具合でミルクの量を増やしたり、果物やM.F.(モンキー・フード)を与えています。
因みに、生後7ヶ月頃からバナナを与え始め、生後9ヶ月頃からM.F.を与え始めました。

そして、コオロギやミルワーム、ピンク・マウス等の餌は与えていません。
野生化の問題、寄生虫の問題、衛生面の問題が気掛かりで…;;
又、偏食する仔に成って欲しく無かったので、多様な果物も与えませんでした。

要は、色々な食べ物を与え無くても、丈夫で健康に育ちますよぉ、って事です☆
でも、私の育て方とは反対に、野性的に育てたり、豪華な餌を与えている方も多いので、どちらの育て方が正しいの!?、って訊かれると困っちゃうんですけどねぇ;;

後、トイレの躾けに関してですが、不可能では無い、と思います!!
現にポロリは、オ○ッコをする場所もウ○チをする場所も覚えてくれています☆
でも、ピグミースローロリスの場合は、少し難しいかもしれません。

そうは云っても、ピグロリにはピグロリの魅力が有りますよねぇ☆
ポロリはポロリで充分に可愛いけど、ピグロリのお迎えを半年以上も迷っているんですよ。
売買が禁止に成る迄に、果たして運命的な出逢いは有るのか!?、乞う御期待ww


登り木を新しく【 天然木製止まり木 ナチュラルパーチ 】に変えてみました!!

29日 体重:1173g 昼:--cc 20g(M.F.) 夜:47cc
30日 体重:1181g 昼:--cc 20g(M.F.) 夜:47cc
01日 体重:1189g 昼:--cc 22g(M.F.) 夜:47cc
02日 体重:1194g 昼:--cc 20g(M.F.) 夜:34cc
03日 体重:1190g 昼:--cc 20g(M.F.) 夜:47cc
04日 体重:1192g 昼:--cc 10g(M.F.) 夜:47cc 12g(バナナ)
05日 体重:1197g 昼:--cc 22g(M.F.) 夜:--cc 22g(M.F.)

Seesaaブログの不都合(??)で返信が出来ません、もう暫らくお待ち下さいませ;;
Yahoo!ブログに移転しようかなぁ…??
BY:黒猫 AT:23:33 | COMMENT [11] | TRACK BACK [0] | ジャワスローロリス

2007年07月01日

出生3号、♀の仔の旅立ち!!

20日頃から【 ハムスターのまんま スペシャル 】を食べられる様に成ったフクロモモンガ・ベイビー達☆
彼等の日課は、私の膝の上で喰っちゃ寝ぇする事ww

  

左の画像は、睡魔に襲われながらも必死にお食事している姿。
右の画像は、食べてる途中で眠ってしまった瞬間!!
眠いのに食べたい………けど、睡魔には勝て無い、人間の赤ちゃんと一緒ですよね☆

固形物を食べられる様に成ったので、安心してお譲り出来る状態に成り、先月の29日にバニラ、と可愛らしい名前を付けて頂いた♀の仔は、アダム&イブ+私の元から巣立って行きました!!
バニラのちゃんの未来に倖多かれ…☆

バニラと云えば、実家にも同名の雌猫が居るんですよ。
突然変異(??)で色素が薄くクリーム色の毛並みで、容姿も性格も変わった仔なんですけどねぇww

其れでは、バニラちゃんとバニラ(通称:バニィ)の画像を並べてみましょう!!

  

どう見ても、可愛さ勝負は引き分けですよねぇ…??
だって、甲乙を付けられ無い程、フクロモモンガのバニラちゃんも実家のバニィも可愛いんだもん☆
でも、性格勝負だったらバニラちゃんの勝ち、バニィの負けだなぁww

里親さん宅のお姉ちゃんフクモモを見習って、身も心も素敵なレディーに育ってねぇ☆
お姉ちゃんは、バニラちゃんを背中に乗せてお散歩したり、下の世話迄してくれる優しい仔なんですよ!!
美しき姉妹愛は、『マリア様がみてる』(w)に違い無い。
BY:黒猫 AT:23:13 | COMMENT [12] | TRACK BACK [0] | フクロモモンガ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。